« 腰痛対策。 | トップページ | 素直に生きよう。自分を信じよう。 »

2007年9月16日 (日)

青春のグラフィティコンサート

P001_3 http://hicbc.com/event/01_concert/070916_folk/index.htm ←行って来ました。

モチロンワシの一番のお目当ては沢田聖子ちゃんです。

朝の天気は雨。ホントにやるのかなぁ?心配でしたが、時間が経つにつれて降ったり止んだりになり、路面も乾き出したので、11時過ぎに自宅を出ました。

会場に着いたのは12時頃。自由席無料のイベントでは遅すぎるので、席は期待してませんしたが、なんと会場中央にあたりにぽっかり一人分の空きスペースを見付け、周りの人に確認してからそこで見ることにしました。

最初に司会者からの注意として、今は降ってないけれど、もし雨が降っても傘はささずに合羽などで対処して下さいとのこと。合羽は会場でも売ってました。

コンサートは1グルーブ約30分、ほぼ若手から順番に演奏が進みます。アーチストが入れ替わるときに若干の休憩・機材セッティングの時間があるので、トイレとかも割りと行きやすい。長丁場のイベントではありがたい配慮です。

何組か進み、Kengoくんという若手の時にまず降られました。ステージには屋根がありますが、丁度ステージに向かって風が吹いているので、雨はまともにアーチストを直撃します。当然曲の途中で避難するわけにもいかないので、かなりずぶ濡れになって頑張ってくれましたが、この先思いやられます(*_*;。

3時過ぎ。一応「若手の最後」と紹介された聖子ちゃん。髪をちょっと結わえたりイヤリングを付けたり、普段よりも気合が入ってます(^^)。滅多にないテレビ出演の機会だもんね。

最初は「雨ノチ晴レ」。なんとか雨雲を振り払おうとしての選曲でしょうか。次は「ナンクルナイサ」。途中のしゃべりも、若手?の中では光ってます。やはりデビュー前の特訓と、ライブ経験の長さでしょうね。立派立派。

所が。村下孝蔵さんに捧げる曲、「親愛なる人へ」の途中から降り出し、一気に土砂降りに(>_<)。観客はすかさず合羽を着ますが、ステージの聖子ちゃんはそうはいきません。特に大事な歌なので、ずぶ濡れになって、ギターのチューニングもどんどんずれてってメロメロになりながらも歌い続けます。かわいそう(;_;)。でも、名古屋のお客さんは暖かいですね。自然と手拍子が出て、励ましてくれます。曲が終わり、慌てて駆け付けた司会者にタオルを渡され、苦笑いしながらも「どんだけ?」とおどけてみせて、ヒョーキン振りをアピール。最後はピアノで「シオン」。定番で〆です。

他のアーチストの時はナゼカほとんど降られず、特に超晴れ女の尾崎亜美さんの時は晴れ間まで見えました。ホントに、晴れ女なんですねぇ。

さてさて、夕暮れになり、良い雰囲気になってきて小室等率いる「まるで六分銭のように」でしんみりした後は、大御所・杉田二郎さんです。が、やはり降ってきました。聖子ちゃんの時ほど激しくはないものの、やはりずぶ濡れ。でも、逆に観客も盛り上がるんですねぇ。

最後は参加アーチスト全員でのアンコール。観客も総立ち、アーチストもずぶ濡れでみんなで大合唱です。なんか涙が出て来ました。すごい感動です。ちょっと帰りが遅くなったけれど、最後まで頑張って見れて良かった!

帰りがけ、売れ残りの半額のタコ焼きを夕食代わりに食べながら会場を後にしました。来年も、見に行こうと心に誓いました。

|

« 腰痛対策。 | トップページ | 素直に生きよう。自分を信じよう。 »

コメント

○力さんにとっての、「永遠のアイドル」ですね・・・・

歌もうまいのに、今イチ、メジャーでないのが不思議な人です。

投稿: kattu | 2007年9月17日 (月) 18時57分

そうなんです。なぜに「若手の最後」か?

それはヒット曲が無いからです。ヒットさせようと企画した「卒業」(丁度ウチらが学生時代でした。)も、何故かパッとせず、多分この曲が自身の作詞作曲でないからかとも思いますが。後は特に「この曲で売り出そう!」と言った目立った活動してないし。

でも、先日のコンサートで言ってました。沖縄で、なんと80歳でCDデビューした三線の引き語りのお婆ちゃんがいて、子供の頃は奉公に出されたり色々苦労して生きてきて、そのCDの最初に話した言葉が「私は、歌いたいから歌うんだ」といったことを言ったらしいんです。それを聞いた聖子ちゃんは、目からウロコ、ヒット曲が無くたって、こうして今歌う場所が私にはあるんだ、聞いてくれるみんながいるだけで幸せなんだと感じたらしいんです。

ワシも、それを聞いてなんだか自信が出て来ました。好きなんだから好き。やりたいからやる。それで、いいじゃないか。他人の目ばかり気にして、我慢する必要はないんだよ。


とりとめなくなりましたが。

今度のアルバム「すべてに、ありがとう。」、良いです。インターネット通販でしか手に入りませんが、気が向いたら聞いてやって下さい(^^)v。

投稿: ○カ | 2007年9月17日 (月) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207968/16468546

この記事へのトラックバック一覧です: 青春のグラフィティコンサート:

« 腰痛対策。 | トップページ | 素直に生きよう。自分を信じよう。 »