« どぅ思う?? | トップページ | 花の名前は知らない。 »

2008年9月13日 (土)

コンサート三昧。

0001 今年は例年になく、よくコンサートに行ってます。って言うか、就職してから、やっと学生時代のペースに戻ったかな?って感じです。学生時代は親のスネかじりだったので、バイト代はすべて趣味に消えました。最初の内は自転車、それから音楽に再び目覚めてレコード買ったりコンサートへ通ったり。

当時の秋田では、レコード屋さん≒コンサートのチケットを買える所だったので、毎月のようにバイト代をもらったらレコード屋さんに行き(「ゆかりちゃん」って言う可愛い店員さんがいたハズ(^^ゞ)、レコード買うついでにコンサート情報のチラシをもらって、目ぼしいコンサートにはむさぼるように行ってました。多分、月一以上は行ってたような気がする。当時は田舎の秋田にも色々なアーチストが来てくれてたんですよ。

しかし、就職して名古屋に来てからは、全部自分の給料でやってかないといけなくなったので、ホントに大好きな一部のアーチストのコンサート以外には行かなくなってしまいました。

最近、結婚して家買って貯金が底をついたのが逆に励みになり、更に勤務先の福利厚生でインターネットでちょっと安くてそこそこの席が簡単に手に入る仕組みができたこともあり、またコンサート熱が上がって来ました(^^♪。

今年は、まずは春の「The 4/9(ざ・ふぉーく)」、最愛?の沢田聖子ちゃんと佐田玲子さんのユニットで昔のフォークソングを愛でようという企画。それから、「五つの赤い風船と仲間達」、バイクツーリングでの宿泊先として日本中でお世話になったユースホステルの夕食後のミーティングで何度も歌った「遠い世界に」を歌ったグループ、ゲストでイルカさんと杉田二郎さんが来てくれました。

次が、先月下旬はイルカさんのコンサート。今年で10歳になる孫ができてからなんか吹っ切れたようで、「五つの・・」の時もそうでしたが、膝上のスカートとブーツという出で立ちで登場(@_@)。本人曰く、「似非少女ルック」らしいですが、コンサート後のサイン会で初めて本人と至近距離で遭遇したら、ヤッパリ意外に小さく、ホントにコレでマーチンを歌わせてた手なの?と思う位、普通のオバチャンでした。でも、オバチャンなりに、可愛かった!(^^)!。オバチャンでも可愛いと思うのは、自分が年取ったってことか??

0003 昨日はクラシックギターの荘村清志さん。NHKのギター講座などで見たり聞いたりしたことはあったし、他のアーチストのクラシックギターのCDは何枚も持っているけれど、実は本当のクラシックギターの演奏を、生で見たことがナイので、これは勤務先のインターネットで偶然見つけて即申込みました。

初めて見るクラシックギターの生演奏。色々、弾き方で参考になることも沢山ありました。でもそれ以上に、なんと幅広く美しく、ギターを歌わせることか?。

もう、うっとりです。普通、曲の演奏ったら、一定のテンポで演奏しますよね。でも、特に演歌の人とかは、ぐっっと溜めたり余韻を延ばしたりしますよね。そういう感じに近い、間の取り方の演奏に思わず引き込まれてしまう、そんな時間でした。右手の弾き方による音色の変化もすごい。帰りしなに思わずCD買って、サインしてもらいました。良いお歳なのに、背が高くて、カッコいい!。

0004_4 来週末は、市の文化センターに加藤登紀子さんが来てくれます。知床旅情、歌ってくれるかな。ぁ、それ以前に先着順の申し込みに受かるかが問題。受け付け開始の次の日にインターネットで申し込んだけど、間に合うかな?。

そして、その週の9/23は、待望の沢田聖子ちゃん。残念ながらパンフレットなどありませんが、来年迎えるデビュー30周年記念コンサートなので、すっごい楽しみです。今日、チケットが届きましたが、自由席ですが整理番号が一桁でした!。ワシより2歳年上ですが、ほとんど同年代を生きる者として、同じような生活環境の変化や世間に対する見方を共有し、それを歌にして伝え、ある時は励まし、ある時は一緒に悲しみ、共に人生を歩んできた人として、とても身近に感じるアーチストです。中々ヒット曲が出ず、本人もかなり悩んでいたこともあったけれど、「歌える場所がある限り、私は歌い続ける」と言う決意がとても心強く、学生時代に出会ってからずっとファンを続けています。

さて。やがて迎えるクリスマスシーズン。昨日の荘村清志さんのコンサートの時にもらったパンフレット。0005_2 さすが名古屋です。秋田に住んでるお袋がいつも羨ましがってました。コンサートは選び放題、いくらでも行ける。田舎の(それでも県庁所在地なので大分マシです)秋田には絶対来ないようなコンサートが、いくらでもやって来る。今まで会った人には話したかも知れませんが、ウチのお袋は個人だけどピアノ講師してたので、家にいる時は常にクラシック音楽が流れていました。いとこのお姉さんにもピアノ名人がいるし、父方も含めて親戚はみんな学問や芸術を大事にする家系なので、ワシもそういう関係への出費は全然痛いとは思わない、むしろ日々の食費を削ってでも勉強や芸術にお金を掛けるのは全然無駄とは思えないんです。

#クラシックの音楽って、そんなに敷居が高いモノじやないよ。音「楽」って言う位だから、所詮娯楽なんです。聞いたり見たりして、楽しめればそれでいいと思う。本当に上手い演奏なら、今までマッタク音楽に興味無かった人でも、イッパツで虜になる筈。その確率は、やはりクラシックが一番だと思います。ポップスやロックでも名曲、名演奏は沢山ありますが、それよりも意外とクラシックは分かりやすいんですよ。

で、これはクラシックよりも更に日々の生活に密着した音楽ですが、中でも特に目を引いた1枚のパンフレット、クリスマスゴスペルナイト2008。映画「天使にラブソングを」を再現するかのようなステージが見れるらしい。あぁ、行きたい。こんなん、逃したら絶対見れないし、あの映画もホントに楽しかったので、ものすごくワクワクします。

家に帰って、嫁さんに「コレ、楽しそうだよ、一緒に、見に行こうよ!」と誘ったら、

歌よりも、高価でうまいもん食いたいらしい(>_<)。

なんか一気に、もぅ、テンション下がりまくりです(:_;)。

|

« どぅ思う?? | トップページ | 花の名前は知らない。 »

コメント

おちゃめな奥様ですね。

サイコーsign03

音楽かあ。

好きな音楽を聴きたくなってきた。

久しく聴いてない。

あんなに好きだったのに。

投稿: bitoku | 2008年9月13日 (土) 06時46分

高価で旨いモノ・・・・
どこの奥方も同じですね

んで、翌日は「太った~」と、恨み言を言う・・・・これは、我が家か・・・・

コンサートそう言えば行ってません
アマチュアバンドのライブなら行ってるけど、うらやましい限りです

投稿: かつ | 2008年9月13日 (土) 08時54分

bitokuさん。
ウチは車通勤で、去年ナビが壊れたのでHDDのに換えたお陰で、持ってるCD約150枚を飲み込んでしまったので、ランダム再生にして聞きまくってます。知らない曲もあってちょっと反省してます(^^ゞ。「良い音楽や芸術作品は心を豊かにする。どんどん聞きなさい。」と母はいつも言ってます。

かつさん。
そーいやアマチュアバンドは聞く機会が無いですね。たまに駅とかでギター弾いて歌ってるのを見掛けますが、中々足を止めて聞き入る暇もなく。初々しくて、いいんですけどね。

投稿: ○カ | 2008年9月16日 (火) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207968/42458194

この記事へのトラックバック一覧です: コンサート三昧。:

« どぅ思う?? | トップページ | 花の名前は知らない。 »