« なんか、違う・・??。 | トップページ | 千住真理子ヴァイオリンコンサート。 »

2009年3月11日 (水)

飛騨高山2連発。

何かの拍子で登録した、ウインタースポーツのメルマガ。その懸賞で、まさか当たる筈がないと思って応募したリフト券、なんと当たってしまいました。寄りによって飛騨高山スキー場、今シーズン限定のペア券です。

・・困った。正直、ローカルなゲレンデで、一人で一日過ごすのは飽きてしまう。かと言って、一緒に行ける友達は、いない。

まっ、いぃか。行ける時に、一枚づつ使ってしまおう。

と言う訳で、まずは先週と言うか先月末の2/28、行きました。既に気温はかなり高く、朝からシャーベット状態。でも、コレがスキーだと引っかかったり埋まったりで大変だけれど、スノボだと案外浮いてきて、楽しいんですよ。当然のように、リフトに乗る最後の一人になるまで滑り倒しました。

この時見付けた課題、スイッチ&フェイキー(通常、左足が前の人が、右足を前にして滑る)。コレをやると、いかに前足に乗って滑らないとコントロールできないかが良く分かります。一本普通に滑ったら、次の一本はフェイキー。カナリ、練習しましたよ。元々ワシのボードは新雪用にセットバックを多めにしてある(ボードの後ろ寄りにビンディングを取り付けてある)ので、フェイキーは大変です。でも、最終的には、滑り易い雪質だったら左のペアリフト一本分はノンストップで降りれるようになりました。

さてさて、あまりにこの時の雪質がこの世の終りに近かったので、また来週末は土日ともバイクのイベントがあるので、下手にその次の週末を期待していると雪が無くなってしまうと思い、先週の土曜日に飛騨高山スキ―場に再び訪れました。

今回は意外に気温が低く、一言で言うと「カチカチ山」です。スライドで回して減速が精一杯、カービングなぞ試そうものなら、あっと言う間にバランスを崩してコケでしまいます。

それでも、色々な雪質の所を、色々な滑り方を試せたので、とても有意義でした。朝と昼、夕方と、雪質はどんどん変わるし、一本降りる間にも手探り状態で滑り方を考えないといけない。
そんな状況で朝から夕方、リフトが止まるまで滑り倒しました。ほとんどリフト1本分しかないコースでも、そう、「スピードよりコントロール」と言う言葉を念頭に、ゆっくり・じっくり、神経を集中してターンを繋げる。
体力も使いましたが、それ以上に神経使った週末でした。家に帰った頃には、ホントにクタクタでした。

始めてから約15年になるスノボ。中々、奥が深いです。一人で行っても、退屈しない。・・しないんだもん。←チョット涙目。

|

« なんか、違う・・??。 | トップページ | 千住真理子ヴァイオリンコンサート。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207968/44308408

この記事へのトラックバック一覧です: 飛騨高山2連発。:

« なんか、違う・・??。 | トップページ | 千住真理子ヴァイオリンコンサート。 »