« 7/5 KSRパーティーレース in 伊那に向けて 特訓??。 | トップページ | メタボセミナー。 »

2009年6月21日 (日)

7/5 KSRパーティーレース in 伊那に向けて 秘密の整備。

実は、KSR110というバイクにはチョッと問題があって、メーカーからリコールに近い対策が出されています。ウチのマシンはほとんどレースにしか使っていないので極端に走行距離が短く、まぁ大丈夫??とも思えますが、何分乗る時は常に全開・高負荷・高回転、しかも自分以外の選手にも乗ってもらうバイクなので、問題があると分かった時点でこのまま乗り続けるのはとっても不安です。

と言う訳で、早速今日作業をしました。具体的には、エンジンを下ろして全部バラシ→再組立て。メーカーの標準作業時間は4時間と設定されていますが、ゼッタイそんな時間ではできない。

私はバイク屋さんの常連さんなので、なるべくバイク屋さんの手を煩わせて他のお客さんの仕事を邪魔しないようにしたいのと、自分自身、できるだけ自分のバイクは自分でいじりたいので、今日一日本腰入れて取り組みました。

まずはタンク、外装外し。エンジン左右のカバーのネジを緩め。この段階で既にバイク屋社長の「神の手」が入ります。実は設計の古いKSR110のエンジン、左右のカバーは+頭のビスで止まっているのですが、ソレが中々緩まず、インパクトドライバーを使っても頭をナメてしまった。インパクトドライバーそのものを自分では持っていないこともあり、うまく使えなかったのです。

なるべく自分で作業をしているつもりでも、次第にバイク屋社長の手に掛かる割合が多くなります。4サイクルのシリンダーヘッドや、トランスミッションなどは、サービスマニュアル見ながらじっくりやれば自分でもできると思いますが、使える時間は限られているし、失敗したら元も子もない。ここは大人しくバイク屋社長に任せて、自分でできる作業、ガスケット剥がしとか燃焼室のカーボン落としなど、地道だけど手間の掛かる作業を分担。と言っても、打ち合わせなんかナシですよ。彼に言わせたら多分私はとてつもなくドン臭い奴かも知れないけれど、私としては一緒に作業するのがとても楽しいし、結構「あうん」の呼吸でテキパキ進むんです。

自宅にガレージ作って、なんでも自分でヤッてしまうバイクマニアは沢山いますが、私はそこまで自分ではいじれない。ので、今までずっと面倒を見て貰っているバイク屋さんまでバイクを運べるトランポと、洗車とかちょっとした整備ができる環境が自宅にあれば十分。

願わくば、バイク屋社長はほぼ10歳年上なので、なるべく健康で長生きして、ずっとお店を続けて欲しい。この社長以外の他の人に、自分のバイクを触って欲しくない。

色々考えながら、ナントカ閉店時刻までに全作業を完了しました。ちゃんとエンジンも掛かり、ついでに保安部品も全部付け、多分次の週末に来るであろう、「めぐめぐ」選手の試乗に備えます。

|

« 7/5 KSRパーティーレース in 伊那に向けて 特訓??。 | トップページ | メタボセミナー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207968/45415393

この記事へのトラックバック一覧です: 7/5 KSRパーティーレース in 伊那に向けて 秘密の整備。:

« 7/5 KSRパーティーレース in 伊那に向けて 特訓??。 | トップページ | メタボセミナー。 »