« 5/30 ダ・カーポ 各務原市民会館。 | トップページ | 名フィル ベートーヴェン ツィクルス #1 & #2。 »

2009年6月 6日 (土)

虫の知らせ。

今日は会社の帰りに車のガソリン給油。ついでに、スタッドレスから夏タイヤ(雪国限定用語)に換えてから一度もチェックしてなかった、タイヤの空気圧もチェック。

普通は、ガソリンスタンドのエアー源に付いているゲージでチェックして、OKならそのままバルブにキャップしてお終いですよね?

でも。いつもお世話になっているバイク屋さんの社長は、例えばオイル交換だけに来たお客さんのバイクでも、オイルのドレーンボルトを外してしばらくの間古いオイルが落ちる間に、タイヤやチェーンなど、一通りの点検もしてるんです。

簡単に書いてますが、コレッてすごいことです。大きい会社で、工数とか管理されていたら絶対できないことです。でも、単なるオイル交換のお客さんのバイクでも、少しの不具合も見逃さずに安全に帰してあげるって心意気が伝わって来るんです。

そんなバイク屋さんの作業を当たり前のように見ているので、自分の車のタイヤの空気圧をチェックする時も、彼と同じようにバルブからの漏れもチェックするようになりました。

そりゃ、何もせずに空気圧だけ合わせてバルブにキャップしてOKなら、楽でしょ。

今日も、何の気なしに空気圧を合わせて、あぁそぅいやバイク屋社長はバルブからの漏れをチェックしてたなと思い返し、やってみたら!右前のタイヤのバルブから、漏れてます。ほんの少しだけれど、確実に、漏れている。

ちょっとゴミが挟んでる位なら、バルブの頭を押して空気を抜けば直るハズですが、ダメ。コレは、ちゃんと直さないと、危険。見なかったことにして、キャップしてOKって訳には、行かないよ。

幸い、ウチの車にはバイクをいじる工具や小ネジ類の、持っているモノの99%は積みっ放しなんです。なので、こういう時には活躍してもらわなくちゃ。

結局の所、バルブコア(『虫』と呼んでます)が悪かったようで、手持ち・・と言うか、万年積みっ放しの部品が役に立ち、無事帰ることができました。

バルブからの空気漏れチェック方法、とっても簡単ですが、ここで公開してしまうのはチョットもったいないかなぁ。

|

« 5/30 ダ・カーポ 各務原市民会館。 | トップページ | 名フィル ベートーヴェン ツィクルス #1 & #2。 »

コメント

こんばんわ~
昔、チャリンコで使った手は
「ツバつけて直す」
でした

直るわけなぁ~い(^^;
ツバをつけて泡ができたら漏れてます

車のタイヤだとバルブはずすのに
専用工具必要ですよね~
チャリンコだったら指でクルクル
回せば外れるのに・・・
 ちなみにバルブ用のドライバー持ってます
 どこにしまったか忘れてますが(^^;;;

投稿: ほっと | 2009年6月 6日 (土) 03時08分

ほっとさん。
つば付けて直ればホントにいぃですよね。タイヤが減ってもつば付けてOK、バンパー凹んでもつば付けて完了。
そんなつばが出るんなら新型インフルエンザも怖くないですね。

投稿: ○カ | 2009年6月 6日 (土) 22時34分

タイトルから何かご不幸があったのかと心配しました。でも、大事故につながるかもしれない不適合を虫の知らせで見つかってよかったですね。

投稿: zero1962 | 2009年6月 7日 (日) 21時37分

zero1962さん。
今まで長いことバイクや車をいじってきて、初めての虫不良でした。滅多にないことですが、見つかってラッキーでした。

投稿: ○カ | 2009年6月 7日 (日) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207968/45248178

この記事へのトラックバック一覧です: 虫の知らせ。:

« 5/30 ダ・カーポ 各務原市民会館。 | トップページ | 名フィル ベートーヴェン ツィクルス #1 & #2。 »