« 延命治療。 | トップページ | イルカ with Friends in 河口湖ステラシアター。 »

2009年7月18日 (土)

改造人間。

2007年末に左の上顎4番の小臼歯が割れて、スーパーボンドで治したことを書きましたが、実はその後、昨年秋にまたソコが割れてしまったんです。当然、また歯医者さんへ行きましたが、もうコレは抜かないといけない。で、その後どうするか?。保険治療の範囲だと、ブリッジか部分入れ歯になっちゃう。入れ歯??俺、まだ44歳だよ(←十分年寄りだってことに気付いていない)。部分入れ歯もブリッジも、調子が悪いって話しか聞こえて来ないよね。まぁ調子の良い人は敢えて話さないんだと思いますが。

元々私は歯並びが良くなく、特に右前がガタガタで、まともに食べられないので必然的に左側で食べることが多く、しかもお煎餅とか魚の骨など硬い物もバリバリ食べることに快感を見い出しているので、特に歯の負担が大きいと思います。そこへ部分入れ歯やブリッジが、果たして持つか?。この先何十年も生きるのに、大丈夫かな。

そこで、保険治療はスッパリ諦め、インプラントを入れることにしました。つまり、チタンの人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、骨と結合した後で人工の歯を被せる。元々チタンと人間の骨は相性が良く、骨折の治療や人工関節にもよく使われているらしい。歯のインプラントには直径約4mm、長さ約10mm程度のものが使われ、手入れが良ければ20年は使える。20年というのは、この治療法が普及してからまだこの程度しか経っていないので、取り敢えず今まで大きな問題なく過ごしてきている患者さんが大半だということらしい。

ただし、インプラント治療を受けるには条件があり、まず喫煙者はダメ。喫煙している人は、最初に禁煙して下さい。あと、糖尿病などの全身疾患がある人もダメ。要は、インプラントを入れた部分は顎の骨がごく少しだけれど外界に露出しているのでそこから雑菌が入ると大変なことになってしまう。あと、治療開始から完成まで約3ヵ月掛かる。その間は、インプラントを入れた部分ではおかゆ程度の硬さの物しか食べてはいけない。治療初期の慣れない段階では、すり鉢で料理をすり潰して食べる位の配慮が必要。最後に、費用。トータルで1本だと約25万円。コレでも昔に比べると大分安くなったらしい。

何分高いお買い物なので、一旦家に帰って色々調べてみました。まず費用。東京まで行くと、1本10万円でできる所もあるらしい。でも、入れたらお終いって訳ではないよね?今後のことを考えると、やっぱり近所の、いつもの歯医者さんの方が安心。あと、歯医者さんの設備。中には超立派な手術室で万全な体制を用意している所もある。が、その分良い値段が。いつもの歯医者さんに相談したら、ウチでは普段の診察日ではなく、定休日に、なるべくホコリなどが立たないように配慮して治療をするし、治療する前にしっっかり検査をして、手に負えないことがわかったらそれなりの病院へ紹介状を出してくれるとのこと。

今まで色々ヘンな時間にも対応してくれてたし、しっかりした歯医者さんだと思っているので、結局そこで治療を受けることにしました。

事前にレントゲンを取ったり、血液検査などを経て、治療可能と判断が出て、いよいよ手術です。まず割れた元の歯を抜きます。元の歯の穴はテーパー状になっているので、奥の方はインプラント体が入るまで穴を広げ、インプラントをねじ込む。ホントにバイク屋さんと変わらん作業です。更に、穴を広げた時に出た切り粉を根元部分の径の大きい所へ詰め込んで新しい骨ができやすいようにします。最後に全体を保護するために包帯のようなものを被せて、終了。手術自体は約1時間、テキパキと滞りなく進みました。

でも、その後の3ヵ月は辛かったですね。まともにモノが食べられない。最初の内は、本当にすり鉢使って離乳食状にして食べてました。とても時間が掛かります。会社の昼食も、左側に食べ物が行かないように、頭を右に傾けて、しかもうどんとか柔らかい物しか選べない。

それでも段々要領が分かってきて、ある程度硬いものでも、少しづつ、右側の歯だけ使えばなんとか食べられることがわかり、後半は結構普通になんでも食べてました。

時々、保護している包帯が取れてしまった所を、会社の同僚に見せた所、「うわっ、ターミネーターだっ!」とバカウケしてました。

年が明けて、術後3ヵ月。当然その間は何度歯医者へ行って状況確認と消毒を繰り返しました。インプラントと骨の結合状況は、多分共振で測定する器具で測り、ある一定以上の数値が出た所で歯を被せ、治療終了。と同時に、今後の歯磨きの仕方について指導を受けます。毎食後の歯磨きは当然。特に、インプラントの部分は先が細い、約5mmの歯ブラシで念入りに磨く。更に夕食後はデンタルフロスでインプラント周囲を磨く。面倒と言えば面倒ですが、元々私は毎食後歯磨きをしていたので、特に問題なく受け入れられました。外食する時はちょっと面倒ですが、食後に同行者に理由を話してトイレに行って歯磨きするとか、いくらでも工夫できます。

その後も、結構頻繁に通院して歯磨き状況のチェックや骨との結合状況の検査などが続いていますが、なんとか先週の通院でインプラントを入れる前と同じ周期まで通院期間を延ばして貰えました。

Photo コレがその写真。左上顎1・2番は既に自分の歯ではなく、かぶせモノです。4番がそのインプラント、因みに親知らずは全部まともに出て来なかったので、抜かれてしまいました(>_<)。

このまま、しっかり歯磨きを頑張れば80歳まで20本、自分の歯をキープできるかな。

|

« 延命治療。 | トップページ | イルカ with Friends in 河口湖ステラシアター。 »

コメント

昨日病院で受付のおじさんとの会話ぼんやり聞いていたら「心臓に弁入れてる」って言っていた。
家の母は白内障で眼内レンズ入れてるし。
知人は近眼でレーシックやったって言うし、案外多いんですね。
でも私はもうレーシックできない年齢みたいです。
ある程度若いうちでないとできないものもあるようですね。

投稿: たにし | 2009年7月20日 (月) 06時59分

たにしさん。

レーシックや白内障の手術を受けた人は結構いますね。私は近眼よりも、むしろ老眼をなんとかしたいです。仕事で細かいモノを扱うことが多く、その度に眼鏡外してルーペ使ったり顕微鏡引っぱり出したり、大変です。
バイクいじる時はもっと大変。普通の作業は眼鏡外してやりますが、ハンマーを使う作業では眼鏡が無いと確実に指打ちます。この中途半端、なんとかならんかなぁ。

投稿: ○カ | 2009年7月21日 (火) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207968/45670128

この記事へのトラックバック一覧です: 改造人間。:

« 延命治療。 | トップページ | イルカ with Friends in 河口湖ステラシアター。 »