« 悲願のモンベルの冬用ジャケット。 | トップページ | 正月スキー。 »

2009年12月31日 (木)

合格!二輪車安全運転特別指導員。

以前、TSRAのみんなで受けた準指導員の資格。その内、「準」が廃止されて自動的に指導員になれました。

でも、病気で休職してて、バイクの活動もセーブしている間に、一緒に準指導員→指導員になった仲間はいつの間にか特別指導員になっていて、年一回行われる指導員研修会でもソレナリに立派なことを言えるようになってる。あぁ、カンペキに差を付けられちゃった。

で、今年の夏。2年に1回の特別指導員審査の案内が来ました。日程は11月の平日2日間。幸いにもウチは大きい会社なので、有休2日位は平気で取れる。早速、応募しました。

しばらくして、愛知県からは豊川のYさんと私の二人が受験できることになったとの通知が来ました。それからは、毎週とは言えませんが、バイクに乗るときは法規走行は当然。赤信号で止まるときは遅乗り。常にメーターで速度を確認、ゼッタイにスキのない乗り方を心掛けました。

あと、学科もあるので、昔大型二輪を取った時の本や、mixiのアプリ「運転免許の常識」で道路交通法を復習。

審査当日は指導員ユニフォームが必要とのことなので、以前からお世話になってる愛知県二輪車安全普及協会から借用。

審査と、その前の講習は木曜日の早朝からなので、前日の水曜夜から仕事の後、会場の鈴鹿サーキットホテルへ直行。部屋に辿り着く途中で、見付けてしまいました。以前、会社の自動二輪車安全運転同好会で一緒に練習していて、安全運転大会にも挑戦していたんだけれど、実家の都合で退職・佐賀県に帰らないといけなくなったSさん。

なんでも、同好会の仲間と別れ際の捨て台詞が「鈴鹿(の全国大会)で、会おう。」って、カッコよく決めて、実際佐賀県でも練習を重ねて、数年後、見事県大会で優勝し、更に鈴鹿の全国大会でも優勝してヨーロッパ交通視察旅行に行けたらしく、後で名古屋のみんなにも報告会を開いてくれた、あのSさんが、一緒に特指の審査に来てました。スッゴイ偶然、懐かしさと嬉しさ。あぁ、バイク乗ってて、良かった。

さて。一緒に愛知県から受験したYさん。なんでも22歳で癌になり、その後2回も心筋梗塞になったことがあるらしく、既に何度も死んだと同然な人生だったとか。でも、とっても古くて端にも棒にも掛からないようなバイクを見付けると思わず買ってしまい、更にソレを維持すべく部品取り車を集めたりしている内に、所有台数約30台位になってしまったとか。しかも、今は豊川だけど、以前は天白区の元八事に住んでいたそうで、私が独身時代に住んでいた所とほとんど離れていない。何たる偶然、行き付けのバイク屋さんやスーパーの名前などで、思わず盛り上がります。

さて、肝心の特指の講習。恐れていた一本橋遅乗りスパルタ指導などはなく、いかに受講者の気持ちを引き付け、理解してもらいやすいような指導方法を伝授していただきました。

最終日の午後は、指導法の試験。一人づつ、事前に示された課題について、試験官の前で指導を実演したり、法規についての口答試験、指導員としての心構えなどを問われます。こーれがメッチャ緊張。受講者みんな心臓バクバクで、順番待ち。煙草吸う人は引っ切り無しに吸うので、待機していいるロビーは紫煙に霞んでます。

それでもなんとか全部の課題をやり遂げ、愛知のYさんと最後に鈴鹿サーキットの温泉へ。あぁ、ホンットに開放された気分です。風呂上りには静岡県からのKさんとも会えて色々話し込んだり、たった二日間でしたが、非常に密度の濃い時間でした。

合否発表は12月上旬とのことでしたが、中々来ない。えぇっ?落ちたのかなぁ。心配して本部へ電話してみたら、一人だけ必要な書類を出して来なくて送れていたんだとか。

ついに、今日、届きました。合格の通知です。豊川のYさん、静岡のKさん、佐賀県のSさんの名前も載ってます。みんな、良かったね、俺達、同期の特指だよ。

これからは特指の肩書きに恥じないような走りを心掛けます。モチロン、もっと自分自身の練習も重ねないと。決して肩書きに奢ることなく、世間のライダーがみんな事故や怪我なく、楽しいバイクライフを過ごしてもらえるように努力したいと思います。

|

« 悲願のモンベルの冬用ジャケット。 | トップページ | 正月スキー。 »

コメント

指導員の件ご苦労様でした。そしておめでとうございます。確かいつもの運転での違反が無いことが条件なんですよね。
ライダーの見本として尊敬致します。またご一緒できるといいです。今年も宜しくです。( ^ω^ )

投稿: たにし | 2010年1月 1日 (金) 00時26分

たにしさん。
違反がないことは絶対条件ではないです。実際私も2~3年前に一時停止を見逃して捕まってますよ。

それに、指導員だからと言って特別偉いわけではなく、バイクを安全に運転するためのコツの教え方を普通のライダーよりは多少知っているだけのことです。

指導員にも色々な考え方の人がいますが、私は、みんな一緒に練習して上手になろう、事故や怪我したりして世間の人々や家族に「やっぱりバイクは危ない」「お父さん、バイク禁止」などと言われないような環境にしていきたいと思っています。

投稿: ○カ | 2010年1月 4日 (月) 19時42分

明けましておめでとうございます。
+特指の称号取得おめでとうございます。

 いつも、楽しい体操から、参加者の心を
鷲掴みにし、明るい笑顔を絶やされないので
とっても向いておられると思います。

 練習場所を確保しますので、全国大会へ向けてご指導の程、よろしくお願いします。

 手の骨折は、リハビリに通い大分良く
なりました。1月いっぱい、通えば卒業予定です。ご心配をお掛けしましたが、ほぼ完治しそうです。
 カワサキさんからも保険手続きを受領しましたので申請予定です。

 新年新たな目標立てて、日々努力したいと思います。

 追伸:ミニバイクなどイベントありましたらお声掛けの程、よろしくお願いします。

 

投稿: TL1000Rtt | 2010年1月 7日 (木) 23時54分

TL1000Rttさん。

残念ですが、KSR110は売却先決定です。多分今月中には納車します。2010年度は全国でレギュレーションを合わせるらしく、そうなると皮ツナギが無いと出られない。+、オンロードブーツを買うとなると、出費が痛すぎ。とても所帯持ちにはやってけないです。

※ビビリが入って、今以上に速く走れる自信がナイってのもあります。

骨折、よく我慢してましたね。私が足の小指をやった時は、泣く寸前で医者に行きましたよ。その後歯が割れた時は、すかさず歯医者に駆け込みました。ハイ、根性ナシです。でも保険が使えるようで、良かった。

バイクの運転技術はホンットに奥が深いですね。そーいや静岡のKさんというのは女性クラスで全国手大会優勝、ヨーロッパへ行ったらしいです。その他にも安全運転大会の覇者やトライアルIAの選手など、一口でバイクオタク(!)とは言っても色々な人達と会えました。

あと、特指審査の前の講習で、ヤッパリ、基本はヘルメットの銘柄と被り方だと教わりました。また、一緒に練習しましょう!。

投稿: ○カ | 2010年1月 8日 (金) 00時21分

お久しぶりです。豊川のYです。

特指審査の時はお疲れ様でした。たまたま力さんのブログを発見し拝見させて頂いた所、何と自分の事が書かれていてビックリ(笑)

本当に審査の時は皆心臓バクバクでしたよね。僕もまた心筋梗塞になるんじゃないかと(爆)

でも、合格通知が届いた時は「嬉しい」と言うより「ホッとした」って言うのが本音でした。またあのイジメ(笑)にも似た審査を受けなくても良いって言う安堵感の方が強かったです。(タマにはああ言う緊張感も必要なのでしょうが・・・)

力さんの言うとおり、特指の肩書きに恥じない様な運転を心掛けようと思います。

只今、右膝に血が溜まり、思う様に動けないのですが、来月の指導員レベルアップ講習会迄には治して是非お会いしたいですね。

それでは、特指同期とは言え、若輩者ですので、これからもご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します。

投稿: 5133豊川のY | 2010年2月11日 (木) 23時20分

豊川のYさん。

お久し振りです!。ホントに短い研修・審査会でしたが、とても充実した時間でしたね。今まで色々な講習を受けましたが、「教え方」、「受講生の気持ちをつかむ話し方」など、色々タメになりました。

さすがにこの年までバイクや色々な遊びをしてると、膝とか腰とかイカレて来ますよ。無理せず、きっちり直して下さいね。

3月の講習会でお会いできることを楽しみにしています。そして、二輪の事故撃滅と社会的地位向上を目指して、頑張りましょう!。

投稿: ○カ | 2010年2月12日 (金) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207968/47168936

この記事へのトラックバック一覧です: 合格!二輪車安全運転特別指導員。:

« 悲願のモンベルの冬用ジャケット。 | トップページ | 正月スキー。 »