« 横浜紀行。沢田聖子 Live Tour~続☆はじめの一歩~を含む。 | トップページ | 試験、終わりました。 »

2010年2月22日 (月)

さらばKSR110。

先代のKSR-Ⅱのエンジンが焼き付いたのを機に乗り換えたKSR110。ウチへ来てから約2年半ですが、色々考えた末、手放すことにしました。

F1000015_2

一番の理由は、レースを続ける資金的・精神的余裕が続かなくなったこと。1回のレースのエントリーフィー、耐久は\27000円位。3人で割ったとしても\9000円、スプリントも出ると\3500円。交通費や消耗品などを考えると\20000円は見ておかないと。

実は、去年の年収、一昨年から\110万円も下がっていたんです。昨今の不景気で残業が減り、よくわかんない手当も知らん間に減額。 年間3~4回と言えど、1日の遊びにこの金額は痛いぞ。

F1000014次に、耐久に一緒に出る選手探しの気苦労。大昔のスーパーバイカーズミニレース時代はバイク屋さんに集まる常連さんもKSRを自前で購入してレース出る人も多く、人集めに困るなんてことは無かったのですが、最近は昔の仲間はみんな子育て期に入ってしまったり、バイクにすら乗っていない状態なのでレースなんてとても無理。

仕方が無いので会社の二輪車安全運転同好会の仲間や他のお店のお客さんまで呼び込んで出てましたが、出場者募集のEメールを出しまくっても、締め切りギリギリになってやっと出場してもらえることがわかったり、結構ヤキモキしてしまってスタート以前に疲れちゃった。

バイク屋社長は、名前だけ貸してやるから一人でも出たら?って言ってくれるけれど、他のチームが大勢でワイワイ楽しそうにやってる横で一人でやるのは結構辛い。

あと、これは売ることを決めてから分かったことなんだれど、今年は中部地区のレースは2戦しかない。その代わり、関東や関西のレースにも出られるようにレギュレーションを関東や関西と合わせるので、そっちへも出て欲しいらしい。

って、言われてもねぇ。レギュレーションを合わせるってことは、皮ツナギを着ないと出られないってことでしょ?。今更、所帯持ちの状態で皮ツナギなんか買えないよ。しかも年間2戦のために。遠征って、去年までの日帰りでさえ近場の美浜がやっと、鈴鹿や伊那では遠過ぎて家族の承諾が得られないって声もある。大体、遠征≒車中泊を伴うことが多い訳で、そうなるとウチの車で大人の男性が二人が限界。三人になると、それは睡眠じゃなくて「仮眠」にしかならないし、それこそ土日丸々、帰りは日曜夜遅くになると、誰が一緒に出て貰えるか?。

無理です。ホントに一人で全部やるつもりでないと。それに、その間は嫁さんを放ったらかしにしてしまう訳でしょ。一緒に応援やヘルパーを喜んでやってくれたり、もっと贅沢言えば一緒に出場してくれるバイク乗りの嫁さんならいいんだけど、残念ながらウチの嫁さんは全然そんな気はナイので、不満がどんだけ出るかと思うと、遠征なんかとても無理。今までの日曜は丸一日レース、前日や前の週は整備ってだけでつまんない顔されてる状態だし。

って訳で、今日(21日)、新しい持ち主になってくれる、古くからの友人の所へ配達に行ってきました。彼は岐阜県岩村町出身で、独身時代は私の住んでいたアパートのすぐ近くに住んでいて、同じバイク屋さんに出入りしている常連さんで鈴鹿のロードレースを主体に走ってたレース小僧。その内、オンロードだけではなく、私が主力を注いでいたオフロードのエンデューロにも出るようになり、毎週のように練習したり、冬場はスキーを楽しんだり、とても仲の良かった友人の一人。確か実家の親父さんが亡くなったのを機に地元へ帰り、その内ナゼカ埼玉出身の女の子と結婚して今では三人の子持ちのお父さん。最近、何かの拍子に携帯のメールをやり取りするようになって、「KSR110も欲しいんだけど・・」って言ってきたので、そいじゃ俺のを譲るよってことになり、今日やっと引渡しが出来ました。

ホントは、元々コレを手に入れた経路であるヤフオクに出せばもっと高く売れたと思うけれど、見ず知らずの他人よりは昔からの友人に乗って欲しいと思い、彼に託すことにしました。

最後に会ってから、5~6年振りかなぁ。ちょっと老けたような気はしたけれど、まぁ外でもなんだからってことで家の中に上げて貰い、結局2時間以上話し込んでしまいました。昔、みんなで練習したり、昔の仲間の消息や思い出話に花が咲き、あっと言う間に時間が経ってしまいました。

KSRも、色々忙しい彼なので、ひょっとしたらあんまり乗って貰えないかも知れないけれど、それでも、あいつの所にあると思うだけで、繋がりが続くような気がします。

短い間だったけれど、君はよく頑張ってくれたね。新しいご主人様の元で、いぃ子にするんだよ。

|

« 横浜紀行。沢田聖子 Live Tour~続☆はじめの一歩~を含む。 | トップページ | 試験、終わりました。 »

コメント

精神的に余裕がなくなったのは、資金的な問題と
一緒に参戦する仲間不足からなんですね。
残念なお気持ち、お察ししますが、
今は奥様の気持ちを優先してあげて下さいね。
いろんな面で余裕ができる事を祈ります。

投稿: Z | 2010年2月22日 (月) 09時18分

いろんな困難な状況が重なってきたのですね。これからの○カさんの活躍を期待しています。次はなにに乗るのかな?

投稿: zero1962 | 2010年2月22日 (月) 21時37分

Zさん。

嫁さんのこともあるけれど、一番は参加者探しが大変ってことですね。それに耐久に一人で出るってことは、¥27000円を一人で負担しなきゃならない。コースもオンロードしかないし、昔のスーパーバイカーズミニレース時代が懐かしいですweep


zero1962さん。

次・・って、コレ1台手放しても、まだゼファーとKDXが残ってるんですけど。こいつらは代替車種がない市場状況なので、当分手放しませんし、増車するつもりも無いです。ってゆーか、こいつらをもっと乗ってやらないとかわいそう。乗ってもらえないバイク程、可哀想なバイクはないですからね。

投稿: ○カ | 2010年2月27日 (土) 05時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207968/47631060

この記事へのトラックバック一覧です: さらばKSR110。:

« 横浜紀行。沢田聖子 Live Tour~続☆はじめの一歩~を含む。 | トップページ | 試験、終わりました。 »