« 全社登山大会。 | トップページ | 参加しました。APMP TCL Workshop。 »

2011年11月 9日 (水)

楽しい紅葉の鳥海山。。のハズが、、(>_<)。

去る10/20、実家のある秋田への帰省ついでに、秋田県と山形県の県境、日本海からイキナリそびえ立つ鳥海山・標高2236mへ登って来ました。

この山は確か中学の学校行事で登る山で、五合目まで快適な車道が通じていて、今から約20年前には山形の酒田で昼食の後、午後から山頂付近の神社まで登って、日没までに下山出来た経験があったので、今回も楽勝でイケるハズ。

Pa2045311前日から名古屋出発、麓の道の駅・象潟で車中泊。当日は朝7時起床、五合目まで車を走らせて、登山開始。

この数日、急に寒くなったので、一気に紅葉が落ちてしまい、山よりも下界の方がキレイだったかも。

Pa2045361

ルートの途中で見える鳥海湖。山頂征服なんてケチなこと考えず、ここで遊ぶのも正しい余暇の過ごし方かもね。

Pa2045471

この、先っぽのし白いトコが本当の山頂、新山。ホントはここから30分下に昔からの神社や山小屋があって、普通はソコまでしか登らない。けど、今回はちょっと時間と元気に余裕があったので、新山登頂にアタックしてみました。

所が、コレが想像以上に険しくて。トッキントッキン(名古屋弁)の岩だらけ、ルートは時々見えるペンキのマーカーだけ。

片道30分と言っても、ほとんどフリークライミングみたいなモノ。

Pa2045491_2

Pa2045511

山頂に辿り着いたものの、そこにはそれを示す銘板と、二本足だけではとても立てない斜めの岩。

本当に、海岸から見通せる山頂なのか?、すぐ下の神社までとは大違いの、非常に厳しい山。

でも登ったからには「山頂で昼食」をこなし、ビビりながら下山。

しかし、ここでヤラかしてしまいました。下山のルートが、分からない。登りはペンキのマーキングがそれなりに見付けられて登頂できたけれど、逆方向からは非常に見難い。完璧に迷子になる訳にはいかないので、山頂が見える範囲で、登りで見た筈のマーキングを探す。でも、見付からない。焦る、困る。どんどん時間は過ぎる。登りの30分を遥かに超え、1時間以上過ぎた頃に、うまく説明できないけれど偶然登りで通ったルートに戻れた。

Pa2045601
問題はここから。もう、日没まで、そう大して時間がない。振り返ると今登った山がどんどん赤くなり、しかも麓から暗黒がのぼっていく。

市街地ではない、マッタク何もない山道で日没を迎えるってことは、、遭難の一歩手前。

コレは、怖い。自分の命も兎も角、嫁さんや母、妹。絶対に遭難する訳には行かないんだけれど。

Pa2045611
麓から一番近い山小屋で迎えた日没。この写真、メッチャきれいだけど、撮ってる本人はかなりビビッてます。最後の食料、コンビニお握り1個を食べ、頭にはヘッドランプ、冷えて来たので上半身は雨具のカッパを着て、慎重に下ります。

なんとか、日没の1.5時間後に五合目の駐車場へ帰還。正直、日没後はとっても怖かった。よく整備された登山道、雨とか、転んだ拍子に捻挫とか、更に一つでも負の要因が重なったら、ホントに遭難事件になってたかも。

思えば、この季節の単独・日帰り登山って、想像以上に危険な気がする。

特に、装備。日帰りで、天気が良ければ雨具やヘッドランプは省略っていうより最初から思い付かないかも知れない。で、今回のように、ちょっと寄り道して下山中に日没を迎えたらどうなるか?。空が晴れていれば、日没後30分はなんとか行動できる。でもその後は?、天気が雨だったら?。昼間は行動していればそれなりに汗をかくぐらい暑いけれど、日没後は急激に寒くなる。それを見越した衣類、あと今回のように想定外に時間が掛かった時に備えての食料、お昼のお握りだけじゃ足りないよね。せめて、合計2食+α、合羽に防寒衣料、って考えると、カナリの大きさ、重さになっちゃうけれど、登山って、よく考えるとカナリ危険な遊びなんだよ。

繰り返すけれど、コケて捻挫したり、ちょっと雨が降っただけで計画は大幅に狂ってしまうし、ましてや俺みたいに常に一人だと、何かあっても何日も誰にも発見されないってことになってしまう。

だからって、過度に怖がって辞めてしまうのは、ちょっと違うと思う。人類の歴史って、刃物や火とか、ほかの動物には手に負えなかったものを使いこなして今までやってきたんだ。危険な道具、危険な活動も、先人の失敗を研究したり色々安全対策を考えれば。不安なく楽しめるはず・・。。

|

« 全社登山大会。 | トップページ | 参加しました。APMP TCL Workshop。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207968/53198420

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しい紅葉の鳥海山。。のハズが、、(>_<)。:

« 全社登山大会。 | トップページ | 参加しました。APMP TCL Workshop。 »