« 参加しました。APMP TCL Workshop。 | トップページ | 恐るべし、豊田高専。(追記あり) »

2011年12月13日 (火)

行ってきました。愛知学泉大学 第九演奏会。が(>_<)。

mixiのコミュ参加者で愛知学泉大学オーケストラに参加している方からお誘いを受け、去る12月11日、安城市民会館へ行ってきました。

この日のコンサートは、学泉大オーケストラに加え安城学園高校弦楽部、指揮者・ソプラノ~バリトンまでの4声のソリストには高名な方々を迎え、合唱団は安城学園高校の合唱部に加えその卒業生や父母、地域の「第九を歌う会」から構成されました。

クラシック通の方の中には、年末に第九なんてベタ過ぎてゲップが出るとかおっしゃる向きもありますが、やはり一度は生で聞いておかないと、一年が終わる気がしない。加えて、学生やアマチュア主体のコンサートなので、入場料が大人¥2000円と破格。コレは、聴かない手はないっ。学生さんやアマチュアとは言え、晴れのステージに立つ以上、それなりにしっかり練習して準備して来ているはず、そう簡単に外すことはないでしょう。

ということで、自由席なので早目に出発し、なんとか会場20分前に到着。既に駐車場は満タン近く、入り口前にはしっかり行列。みんな考えることは一緒。

会場時刻になり、観客席へ。何分ウチの嫁さんはトイレが近い性質なので、割と前の方だけど出入り口に近い、通路側の席を確保。あぁ、もうすぐ、始まる。ワクワク(^^)。

でも、、ちょっっと、空気が違う。後ろの人、時々独り言?何か食べてる音もする。え?、フツー、会場内は飲食禁止のハズ。まぁでも演奏が始まるまで収まればいいか。

斜め前のオバサン。読んでる雑誌をチラ見すると、「~血液型別徹底ダイエット」って、それクラシックのコンサートの前に読むかぁ?まぁ周りに迷惑掛けてる訳ではないし、目くじら立てんとこ。

さて、いよいよ開演。第一部はやはりベートーヴェンの「エグモント序曲」、休憩を挟んでいよいよ第九。いぃねぇ、やはり生音のオーケストラ。特に弦楽器、弦の振動が楽器の表板に伝わり、ボディ内で共鳴したモノが伝わってくる。どんなに高級なオーディオ装置でも、これを再現するのは難しいと思う。管モノもパーカッションも然り、やはりオーディオ機器の周波数特性だけではない、何か音の塊みたいなものが伝わってくる。これだから生のコンサート見物、特にPAを通さないクラシックは止められない。

所が。第九は4楽章まであり、有名な合唱は最後の4楽章になるんだけど、、どうも様子がおかしい。イヤ、ステージ上のオーケストラや合唱団はキチンとしてる。演奏もまったく申し分ない。気になる原因は、さっきのダイエット雑誌の更に横のオヤジ連中、年の頃なら60代、どうやら4~5人のグループ。何やらずーっと嬉しそうに話をしている。え?コレ、クラシックのコンサートでしょ?、PAバリバリのロックじゃないんだよ、いくら小声でも周りには筒抜けなんだよ。おまけに見ているとデジカメ出して撮影、当然シャッター音は出るし、ペットボトルのお茶は飲むし、とにかく話が気になる。うるさい。

さすがに堪忍袋の緒が切れた。まず通路側の嫁さんと席を替わってもらい、一番手前のデジカメオヤジの肩を掴んで注意。多分驚いたであろう、ペコペコ謝っていた。しかし、またその横のおしゃべりオヤジは止まらない。意を決してもう一度近くへ行ってやはり肩を掴んでコッチ向かせて、自分の口に人差し指を当てて「静かにしろ、しゃべるな」のゼスチャー。やはり、急にペコペコ。ふぅ、やっとおさまったかと思ったら、しばらくしたらトーンこそ小さいけれどまた話してる。デジカメも然り。あほこの人達なんで注意されたのか、多分全然分かってない。

しかも、第4楽章の最後まで終わらない内に席を立って退場。退場ったって、横には他の観客もいるのに、迷惑掛けてるって思わないんだろうか?。

せっかくの年末の生の第九。本当にごく一部のマナーの無い観客のせいで楽しさ半減です。オーケストラの演奏も合唱もソリストも申し分ないだけ、そのマイナス要因が強調されてしまった。あぁ、所詮入場料¥2000円の市民合唱団、ステージに上がる人達は一所懸命練習してプロ顔負けのレベルに達していても、観客はその家族や友人知人など、普段クラシックはおろかコンサート、劇場などに足を運ぶ習慣がなくてマナーの知らない人が集まってしまうのか?コレでは丸で学芸会レベルの観客ではないか。

アマチュアのオーケストラや団員は兎も角、指揮者やソリストだけでも普通は¥2000円では見られないレベルの人達が迎えられていて、その経歴などはパンフレットにも書いてあるのに、また演奏中の写真撮影や飲食は禁止と開演前の館内放送で注意されているのに、きっとマッタク気にしてないんだろうなぁ。

などど考えながら、ふと気が付いた。・コレは、本当はまじめなコンサートではなく、それこそ学芸会だと思わないといけないんじゃなかったのか?、例のデジカメオヤジ、おしゃべりオヤジも、家族や知り合いが出るからと聞かされて暇潰しに来て見ただけで、特別に音楽に興味も無ければ鑑賞のマナーなど知る由もない所に、間違って来てしまった自分達がいわゆる空気の読めない人たちだったのではないか?

演奏・合唱は兎も角、観客のマナーのレベルも要求したら、それこそ一人¥10000円とか払って名フィルあたりのたゃんとしたコンサートに行かないといけないのかなぁと思ってしまいました。

せっかく好意的にチケットを用意して下さった学泉大オーケストラの楽団員のお方、意に沿えず申し訳なかったです。

|

« 参加しました。APMP TCL Workshop。 | トップページ | 恐るべし、豊田高専。(追記あり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207968/53472314

この記事へのトラックバック一覧です: 行ってきました。愛知学泉大学 第九演奏会。が(>_<)。:

« 参加しました。APMP TCL Workshop。 | トップページ | 恐るべし、豊田高専。(追記あり) »