« こなんなものまで買ってしまった。 | トップページ | The first experience for dry-suit! ドライスーツ初体験! »

2013年11月17日 (日)

Carburator overhauling キャブのオーバーホール

It is over 4 month from I rode one of my motorcycle named KAWASAKI KDX250SR last time, I tried to start the engine last weekend but I could make it after a lot of pusfing down the kick-starter and it spit out much smoke.
もう1台のバイク、KDX250SRの最後に乗ったのが4ヵ月前、先週末にエンジンをかけようとしたら中々かからず、やっとかかったと思ったらスゴイ煙。

Today, I overhauled its carburator at my house.

Dsc_0295今日は自宅でこのキャブをバラしてみました。

When I disassemble it, the inner parts were changed green and something like slime was in the chamber by spoiled gasoline and verdigris.

案の定、どの部品も劣化ガソリンと緑青で緑に染まり、ヌルヌルしたものが発生しています。

I cleaned up all of the parts by carburator cleaner splay(doesn't have enough power as for professional one), brushes, tooth pick, bamboo skewer, electric driver and some special tool for carburator.
昨日購入しておいたキャブクリーナー(業務用のよりははるかに非力)、爪楊枝や竹串などを駆使してキレイにします。

I don't have an air compressor yet, the work was not perfect I know, but it's the best in my house.
私はコンプレッサーを持っていないので、不完全な作業だとは認識していますが、今の自宅ではコレが精一杯。

Dsc_0296

After reassembled, I started the engine, the exhaust noise cahanged dry, the smoke was reduced.

This bike was made on 1992y, a little bit of old but still run comfortable for me and I will keep it as long time as possible.

組み立て直してエンジンをかけたら、音も滑らかになり排気も随分キレイになりました。

このバイクは1992年式でちょっと古いのですが、まだまだ楽しく乗れてるので大事にしたいと思います。

 

|

« こなんなものまで買ってしまった。 | トップページ | The first experience for dry-suit! ドライスーツ初体験! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207968/58594048

この記事へのトラックバック一覧です: Carburator overhauling キャブのオーバーホール:

« こなんなものまで買ってしまった。 | トップページ | The first experience for dry-suit! ドライスーツ初体験! »