maruka.air-nifty.com > 現在の乗り物

トヨタ・アクア

トヨタ・アクア

バイクを運ぶことを考えて買った先代の日産・セレナ、車中泊も楽勝で気に入っていたのですが、なにぶん結婚してからはバイクを運ぶ機会が激減、年に3回もあれば良い方。そのために毎日大きな箱と空気をガソリンを使って運んでいることに疑問は感じていました。でも、まだちゃんと走るんだし、捨てるのはもったいないなと思いながら乗り続けていました。

しかし、2012年度はたまたま会社の研修で最新の自動車技術に関するものを2回も受講し、トヨタのハイブリッド技術のすごさを再認識。加えて富士スピードウェイでの世界耐久選手権に会社からの応援ツアー参加し、目の前でトヨタのハイブリッド・レーシングカーが宿敵アウディを抑えて優勝したのを目の当たりにし、かつて初代プリウスの社有車に乗った時の感動を思い出したら、トヨタのハイブリッド車をどうしても所有してみたくなりました。

セレナは確かに問題なく走っているけれど、車の特徴と持ち主の使い方は合わなくなって来ているのなら、それ相当の車に乗り換えても良いのではないか?。

ちょうどプリウスの小型版のアクアも出ているし、二人家族ならば小さい車で十分だし、何より軽いのが一番の魅力。セレナ、1.6トンを超えているので気を抜いて減速するとすぐABSが効いちゃうし出足も遅いけれど、アクアなら標準で1.1トン弱、2/3の重さなので、キビキビは知れそう。・・・買っちゃえ!!。

で、冬場に車検が来ると困るので、購入を決意し契約してから半年待って、2013年3月に納車してもらいました。やはりバイクを運ぶ手段は残しておきたかったので、バイク屋さんが使わなくなったトレーラーを譲ってもらい、それを牽引できるようにヒッチメンバーも付いてます。

乗った感じは、確かに小さくて軽くて安い車なので、プリウスに比べたら乗り心地や騒音は気になりますが、だから仕方ないと割り切れるレベル。セレナに比べたらライトは明るいし、走る・曲がる・止まるのすべてにおいて格段に違い、まるでスポーツカーです。

確か電動コンプレッサーによるエアコンなので、エンジンが止まっていても涼しい風は出てくるし、最新のナビ(ウチの会社の製品を着けました)はセレナの2007年のナビに比べたら非常に進化しているし、ホントに夢の車です。こんな車が200万円ソコソコで買える現代日本に生まれて、ウチらは幸せですね。