maruka.air-nifty.com > 雪遊び

スキー、スノーボードの両刀使い。 最近はスノボで新雪にハマッてます。パフパフのフワフワが大好きです。用具はヤフオクを活用して、日々更新中!(^^)!。

雪遊び

雪遊び

スキーは小学一年からやってます。大好きでしたが、下手でした。実家近くの川の土手を(当然、斜面は短い)、登っては滑りを繰り返すのが冬の遊びでした。スキー場に行くのはシーズン中数回、リフトもほとんど使わず、「歩いて登った方が足が丈夫になってスキーも上手くなる」と言われていた時代です。

中学の頃からは、中々センスの良いウェアなどを買ってもらえなかったこともあり、まったく滑りには行かなくなってしまいました。

就職して何年目かに帰省した時、妹が滑りたがったので、古い靴だけ持って、板とウェアはレンタルでしばらく振りに滑ったら、その楽しいこと!

名古屋に戻ってからも、その時は車を持っていなかったので、電車・バスなどで滑りに行ってました。話は飛びますが、こちら(信州、奥美濃、高山方面)のスキー場は良いですね、天気が良い日が多くて。秋田では冬場は半年曇りか雪か吹雪ですよ。秋田で晴天の下で滑った記憶はほとんどなかったので、こちらのスキー場で滑った時は感動しました。

さて、その内、スノーボードブームが到来し、確か95年だったかな?ついにスノボデビュー!最初は民宿のレンタルを借りて、午前中半日スクールに入って基本知識だけはインプット、午後はひたすら練習。全然、滑れるレベルにはなりませんでしたが、翌シーズンはマイボードセットを購入し、どんどんのめり込む。

丁度「パソコン通信・ニフティ」も全盛期、スノーボードフォーラムに参加して、毎晩テクニックやゲレンデについての会話、オフ会など、とにかく楽しみました。1シーズン30日以上を2年やったお陰で、今では大分まともになりました。

ジャンプやトリックは慎重に少しづつやってます。だって、バイクのジャンプの方がはるかに安全だもん。それよりも新雪の浮遊感にハマッてしまい、雪の降った翌日は突発有休で出撃!ってパターンをシーズン1~2回ペースになっちゃいました^^;。

あ、ソフトブーツ派です。硬い靴は、スキーのラングだけで十分です^^;と思ったら、約20年使用で、ついに割れました。

そうそう、スノーモービルも大好きです。最近、バンクして曲がるタイプの「スノーホーク」というモノが出来たみたい。一度は乗ってみたい!


新雪滑走法

新雪滑走法

新雪、はまってしまって大変な思いをされた方も多いと思います。でも、スキーに比べたらずっと簡単に、楽しく滑れるようになります。

1.滑る場所・・・まず、ある程度斜度のある(急な)斜面を選ぶこと。ゲレンデ上部では斜度があっても、下の方で緩やかになる所は要注意です。埋まります。脱出できません。ボードが止まる前に、圧雪してある所へ逃げることをお忘れなく。

2.滑り方・・・新雪では、ボードの前後方向の荷重位置が重要です。前過ぎるとトップが沈んでしまうし、後過ぎるとコントロールできない。多分、こんな絵は他の誰も描いてないと思いますが、図のように、荷重は前足の状態で、後ろ足でボードのテールを押さえ付けると、トップが浮いてきます。荷重は前足であればターンのコントロールも正確に決まります。
新雪は圧雪斜面に比べデリケートなので、ショートターンは爪先の上下動だけできれいなS字の連続が描けるでしょう。

3.埋まったら・・・これが一番重要です。不意の転倒への対処方法を知らないと、単なる転倒が遭難事故に発展してしまいます。

(1)転倒したら、まず上がどの方向かを冷静に見極めます。慌てていると、案外上下の感覚は狂ってしまい、雪面とは反対方向に進んでしまうこともあります。
また、同時に斜面の傾斜の方向、つまりフォールラインと自分の体の位置関係を確認します。

(2)フォールラインと上下の方向がわかったら、フォールラインに対し、うつ伏せで、ボードがふもとの方向になるように体勢を整えます。ボード(足)が頭より高い位置にあったり、斜面に仰向けになっていると、手を着いて立ち上がろうとしても、手が新雪に埋まってしまい、脱出は困難です。

(3)うつ伏せでボードが斜面下方にあれば、なんとか立ち上がれると思います。立ち上がれたら、少しづつボードのトップをフォールラインに向けます。小さくジャンプを繰り返すのが一番確実です。下手にビンディングを外すと、想像以上に足が雪に埋まってしまい、結局は再装着できなくなります。

(4)ボードのトップがフォールラインに向いたら、滑走を始めます。最初はズブズブ埋まってしまうので、上記「2.滑り方」の体勢になるよう、なるべくトップを浮かせるように少しづつ進みます。ボードの前足の前に大量に雪が乗って重く感じたら、手で雪を両側に払いのけましょう。

(5)そろそろ重力が自分を引っ張りつつ、かつトップが浮いて滑走が始まります。もう大丈夫、脱出成功です!